カラー戦略!魅せる演説

始まりました!
候補者同士の直接対決、
「アメリカ大統領選のTV討論会」。
アメリカの3分の1(約一億人超)が
テレビに釘付けとなんですって♪
スゴイ人気(≧∇≦)

日本は政治に関心のない方が多いから
政治で30%近い視聴率なんて
絶対にあり得ない!

かくいう私も、
私も政治や経済に弱いので
ただいま勉強中。。。

お二人の装いに注目!
青と赤。
見事に分かれましたね✨

そして、
どちらに目が行くか一目瞭然!

大統領選直前のこのTV討論会は
結果に大きく影響すると言われています。

背景が青に青の装いのトランプ氏。
いつも過激な発言が目立つので、
トーンを押さえた
大統領に相応しい品格をアピールする
コーディネートのかな?
一方、クリントン氏は
行け行けGOGOの赤。
自信とリーダーの象徴の色。
ただでさえ、
赤は最も「誘目性(目が行く)」が高い上に
背景が青となれば
カラー戦略で圧倒的にな有利。

もともと白黒TV時代に始まった討論会。
ケネディとニクソンの対決は有名。
白黒TVの映りを計算したコーディネートのケネディが
若さと力強さをアピールし
その後の勝利に繋がりました。
アピアランス(見た目)は大事!
人の心理に大きく影響を与えるからね。
人は5感のうち
8割以上を「視覚」に頼っているんですよ✨

19世紀後半に誕生した心理学は
アメリカで発達しました。
見た目がどれほど人に影響を与えるか
候補者達のブレーンは計算しているはず。

討論の様子も実に対照的で
面白かったです(*^^*)

青のトランプ氏は
カラー通りにいつもより抑え目な姿勢。
とはいえ、
常にクリントン氏を攻撃する論調。

赤のクリントン氏は
女性(感情的)+赤(感情的)と
かっかかっかしそうな組み合わせなのに
トランプ氏の攻撃をヒラリとかわし
笑顔を見せて余裕を演出。

政治的な発言以前に
見た目で聴衆に与えるインパクトに
差が出たと思います。

どちらにしようか迷っている
グレーゾーンの有権者には
見た目(装い、表情、話し方、態度)は
決め手に影響するかと。

残り2回のTV討論会。
次はどんなカラー戦略で
挑むのでしょうね(^_−)−☆

『美心塾』〜Bijin-juku〜
チャームアップ・コンサルタント
山田真弓

『美心塾』~Bijin-juku~

あなたの魅力を引き出します!チャームアップ・コンサルタントの山田真弓です。

0コメント

  • 1000 / 1000