憎いのは・・・★カラーセラピー

「あんな事言われて悔しい・・・」

「酷い事を言われて傷付いた・・・」

セラピーしていると

良く聞く言葉です
直ぐにグサ、イラ、カチンとこなくても

言葉にならない違和感を感じ

後になってその理由が分かったりして

「あぁ、なんであの時

言い返せなかったんだろ」

っこと、ありませんか?



時が経てば経つほどに

怒りや憎しみがどんどん増して

でも、

今更タイミング悪くて言えない・・・

なんてことありますよね



相手の心無い言葉や不快な言葉が

モヤモヤの原因だと思い

相手を攻撃したくなるのですが

実は違います

原因は別の所にあるのです



モヤモヤを作り出してるのは

「自分自身」なんです

本当に憎いのは

あの時言い返せなかった自分自身



例えば、赤ちゃんに

意地悪や嫌味を言っても

赤ちゃんは気にも留めないですよね?

だって、

言ってる意味が分からないから(笑)



相手の言葉を理解し受け止めるのは

自分自身なんです



そして、

「自分はその通りなんだ」

と言葉を理解し

受け入れてしまったからこそ

嫌な気持ちになってしまうのです



人は見当違いの事を言われたら

キョトンとするものです



「そんな風に言うなんて酷い〜」

「そんな風に思わせたのは

私にも原因があるのかも・・・」

なんて、大人しく黙っていると

ますます相手は

「やっぱりそうなんだ」

と畳み掛けて来たりします



そうすると

心の違和感はどんどん大きくなり

その感情に支配されしまい

そして家に帰ってから悶々とする




まさに負のスパイラル!



では、

そうならない為には

どうしたら良いのか?



簡単です✨

2つ方法があります!



①「へー、そうなんだー」

と流す

②違う事は「違う」と
反論はその場で直ぐに伝える



方法は簡単ですが

使いこなせる様になるには

訓練が必要です



①は相手の土俵に乗らない

我関せずの姿勢を貫く



②は頭の回転と切り返しの速さを鍛える

最初はなかなか出来ないですが

1人の時に、

「こう言われたらこう返す」

をシミュレーションするんです



筋肉と一緒で

鍛えれば「瞬発力」が付きます

その時に言い返すことが出来れば

後になってモヤモヤ・・・

なんてこと、

ほぼ無くなります



その際、

・何て言われるのが嫌いなのか

・どういう事にイラってくるのか

・不快感のポイント

などを自分で把握しておくことが大事✨



でも、皆さん

意外と知らないんですよね自分の事

自分の弱さを知っていることも

ストレスを溜めない

重要な要因です



不意打ちを食らうから

ストレスになる訳であって、

「そうそう、私ってそうなの」

って認めてしまえば

痛みになりません



憎しみをためても

何の得にもなりませんからね✨



あなたの心は

今、何色ですか?

==================
『美心塾』〜Bijin-juku〜
チャームアップ・コンサルタント
山田真弓










『美心塾』~Bijin-juku~

あなたの魅力を引き出します!チャームアップ・コンサルタントの山田真弓です。

0コメント

  • 1000 / 1000